PANI - PT. Pantai Indah Kapuk Dua Tbk

Rp 5.275

-125 (-2,00%)

【ジャカルタ】パンタイ・インダー・カプック2(PIK 2)の地帯を増設する特命において、PT Pantai Indah Kapuk Dua Tbk (PANI)は子会社、PT Panorama Eka Tunggal (PET)を通じて、2社の関係会社からバンテン州、テルクナーガの357,081平方メートルの土地を取得した。この土地取得計画の為、ほぼIDR 1 trillionを使途すると予想される。

2023年12月29日(金)に引用された情報開示によれば、その土地取得取引は2023年12月27日に行なわれた。取得された土地はPT Karya Indah Raya (KIR)が所有された221,954平方メートルの面積及びPT Wahana Utama Karya (WUK)が所有された135,127平方メートルの面積を含む。

ビジョンに全力で取り組むPANIはPETを通じて、土地を取得する為、IDR 990.9 billion(税込)を使途した。この資金源はPANIがPETに注ぎ込まれた増資の収益によるものであった。

「当社の事業戦略通り、当社はPETを通じて、KIRとWUKの土地取得を通じて、有機成長をマッピングすることによってPIK 2地域のプロジェクト規模を増設する事に注力しようとしております。」とPANIの経営陣は2023年12月29日(金)にインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

情報上、KIRとWUKはPT Agung Sedayu (AS)の子会社である。一方、PANIの主要株主、PT Multi Artha PratamaはASも支配される。 (NR/ZH)