DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 770

+20 (+3,00%)

【ジャカルタ】PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)の子会社、PT Bukit Makmur Mandiri Utama (BMMA)はPT Bank Negara Indonesia (Persero) TbkにUS$ 750 millionのローンファシリティーを貰った。

そのローンファシリティー契約の締結は2023年12月29日に行なわれた。2024年1月2日(火)にインドネシア証券取引所(IDX)のウェブサイト上の公式声明によれば、そのローンファシリティーはUS$ 600 millionに及ぶAローンファシリティーとUS$ 150 millionに及ぶBローンファシリティーを含む。

なお、Aローンファシリティー額はBローンファシリティーに譲渡されることができる。Bローンファシリティーはローン額をUS$ 250 millionに増やすオプションもある。よって、最大限のローン全額はUS$ 1 billionに及べる。

Aローンファシリティーはローンファシリティー契約を締結されて以来、6ヶ月以内に利用可能である一方で、Bローンファシリティーは24ヶ月又は2年間以内に利用可能である。

そのローンファシリティーは年毎に2.50%と米ドル定期SOFRの金利を持っている。一方、返済は各ローンファシリティーの初出金後 、69ヶ月に予定される。

「AローンファシリティーはBUMAが持っている借り換え債務の為、BローンファシリティーはBUMAが行なわれる取得や投資、設備投資に資金を提供する為、使途されます。」とDOIDの経営陣は2024年1月2日(火)に公式放送を通じて、述べた。

提案されるそのローン担保はBUMAの資産の受託者担保や来うざの担保や子会社の株式を含める。 (NR/ZH/LM)