PGAS - PT. Perusahaan Gas Negara Tbk

Rp 1.590

-5 (-0,31%)

【ジャカルタ】収益が増えたにも拘らず、PT Perusahaan Gas Negara Tbk (PGAS)は2023年に下がった純利益を記録した。親会社に帰属する純利益は2023年にIDR 278.09 billionを記録され、IDR 326.23 billionの2022年に比べ、前年比、14.7%低下した。

本日2024年3月13日に引用された2023年財務報告書によれば、収益はIDR 3.56 trillionの2022年に比べ、2023年にIDR 3.64 trillion、前年比、2.18%伸びた。しかし、粗利益はIDR 780.54 billionの2022年に比べ、2023年にIDR 733.57 billion、前年比、6.01%低下した。粗率は2023年に20.11%を記録され、21.87%の2022年に比べ、低下した。

収益の最大の貢献者はIDR 2.39 trillionを貢献した第三者の収益であった。一方、関連当事者はIDR 1.24 trillionのみの収益を貢献した。事業に関して、収益の最大の貢献者は天然ガス売買であった。そして、ガス伝送、再ガス化サービス、石油運搬、石油ガス販売、天然ガス加工によるものであった。 (NR/LK/ZH)