AMMN - PT. Amman Mineral Internasional Tbk

Rp 11.500

-300 (-3,00%)

【ジャカルタ】銅・産金会社、PT Amman Mineral Internasional Tbk (AMMN)は今年、USD 2 billion又はIDR 31.2 trillionの設備投資を用意している。

2024年マンディリ投資フォーラムでMandiri Sekuritasによると、その予算はAMMNが展開とメンテナンス活動の為、割当てられるそうである。設備投資の資金源は貸付によるものである。

AMMNは現在、西ヌサテンガラ、スンバワに位置されるバトゥヒジャウ鉱区を運営している。バトゥヒジャウ鉱区のフェーズ7備蓄は3700万トンに及び、2024年にそれはなくなると予想される。一方、フェーズ8備蓄は45800万トンに及び、それは鉱区期間を2030年まで延長する。

情報上、AMMNは現在、完全総合鉱夫トゥ製錬会社になる変換を行っている。年毎に900000トンの容量を持つ精錬所を完了した後、その変換は完了される。

その実行プロジェクトは2024年5月に完了される予定である。この精錬所プロジェクトの為、予算される資金はUSD 1.1 billionに及ぶ。2023年12月31日現在、実現された予算はUSD 600 millionに及んだ。 (NR/KR/ZH)