MBAP - PT. Mitrabara Adiperdana Tbk

Rp 3.250

+10 (+0,31%)

【ジャカルタ】PT Mitra Bara Adiperkasa Tbk (MBAP)の利益は2022年に比べ、2023年に前年比、87.91%低下したが、2021年に比べ、前年比、78.38%伸びた。この低下は2023年中、大幅に下がった第三者への石炭販売が引き起こされた。

2024年3月25日(月)に引用された2023年財務報告書において、MBAPの収益はUSD 449.53 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 224.08 million、前年比、50.15%低下した。最高の貢献者であった第三者への石炭販売は2023年にUSD 172.61 millionを貢献し、USD 294.30 millionの2022年に比べ、低下した。一方、関連当事者への石炭販売・採鉱請負業者の貢献はUSD 155.23 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 51.46 million、66.84%低下した。

10%以上を収益に貢献した第三者はUSD 74.17 millionを貢献したKCH Energy Co LtdとUSD 26.52 millionを貢献したPT Paiton Energyであった。一方、10%以上を収益に貢献した関連当事者はUSD 48.73 millionを貢献したBrooklyn Enteprise Pte Ltdであった。

MBAPの粗利益は2023年にUSD 46.31 millionを記録され、USD 265.77 millionの2022年に比べ、前年比、82.57%低下した。営業利益はUSD 229.98 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 15.82 million、前年比、93.12%も低下した。そして、純利益はUSD 179.39 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 21.86 millionに低下した。

しかし、USD 1.39 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 6.27 millionに増加した金融収益、USD 274.21 millionの2022年に比べ、2023年にUSD 95,834に低下した金融費、ゼロの2022年に比べ、2023年にUSD 4.82 millionに増加したその他収益のお蔭で、下がったその純利益の百分率は営業利益のより低かった。

2021年に、収益はUSD 309.40 millionを、粗利益はUSD 167.79 millionを、営業利益はUSD 128.65 millionを、純利益はUSD 100.56 millionを記録された。 (NR/LK/ZH)