BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 9.375

-100 (-1,06%)

【ジャカルタ】PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)は2024年2月14日の選挙戦の間にも拘らず、2023年末まで貸出しは10%〜12%伸びると楽観的である。

PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)の金融担当重役、Vera Eve Lim氏がBCAは政治的年が近付くにも拘らず、その成長目標に関して楽観的に留まると語った。「COVID-19パンデミック余波を拝見し、その低下は昨年以降、我々が予測された事よりほど遠いです。」とVera氏はこの間のインデクス52の打上げ会談で述べた。

Vera氏によると、貸出し業績は今年上期に生長を見せ続けたそうである。ミクロ中小企業セクター向けのローン流通は大幅な生長尾見せ、今年、それは15%伸びを目指される。

「興味深い事は消費者ローン、補助従来住宅ローン(KPR)、自動車ローン(KKB)、クレジットカードです。補助従来住宅ローン(KPR)の消費者ローンの生長は非常です。」とVera氏は述べた。

2023年第1四半期に、補助従来住宅ローン(KPR)は12%、自動車ローン(KKB)は15%伸びた。2023年第2四半期に、消費者ローンは2023年第1四半期に比べ、伸びられるように、期待される。 (NR/LK/LM)