BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 9.375

-100 (-1,06%)

【ジャカルタ】PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)は今年、IDR 8.7 trillionの設備投資を割当てる。その設備投資はデータセンター、サイバーセキュリティの開発、20ヶ所で支社を開設する為、割当てられる。

PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)の最高財務責任者、Vera Eve Lim氏が当社は2023年下期に使用される準備ができている1軒のデータセンターを増やすと語った。「よって、このデータセンターは二番目ではありません。我々は将来的に、取引量を応じる為、既に3軒の新たなデータセンターを持っております。」とVera氏は2023年8月2日にジャカルタのBCAタワーでIDNFinancialsに述べた。

Vera氏によると、増えるサイバー攻撃を考慮し、データセンターはモバイルバンキング取引や取引セキュリティを容易にする為、緊急なニーズだそうである。Vera氏がサイバーセキュリティの投資は昨年に比べ、倍増すると付け加えた。

現在、BCAはソフトウェア、電子データキャプチャ(EDC)マシン、現金自動預金支払機(ATM)を含め、技術様相に多く投資する。今年、既存の750,000台の現金自動預金支払機(ATM)の約22%の新機械を増やす。

「古い機械の40%は新しい機械に入れ替えました。パンデミックの後、ATMの取引が増える為、このATMは肝心です。」とVera氏は述べた。

Vera氏によると、今年末まで、BCAのATMの約80%はお預け入れとお引き出しの機能を持っているそうである。お預け入れとお引き出しの機能を持っているATMは増える顧客数向けの容易な取引アクセスの為、必要とされる。

「当社の顧客数成長は年毎に20%に及びます。今、口座数は3700万に及びます。銀行窓口係を何人も増やして、決して不十分です。行列がより長くなるでしょう。」とVera氏は述べた。

Vera氏が銀行窓口の行列を減らす解決策は24時間操作されるお預け入れとお引き出しの機能を持っているATM数を増やすと語った。「昨年、我々は28,000台のお預け入れとお引き出しの機能を持っているATMを操作しました。その機械の60%は預け入れることができ、引き出すことができます。」とVera氏は説明した。 (NR/LK/ZH)