BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 9.825

-25 (-0,25%)

【ジャカルタ】PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)はIDR 1.10 quadrillionの時価総額を記録しても、アセアン国々に展開する気兼ねになっていると知られる。最高の時価総額を記録したにも拘らず、運転費は海外より効率的な為、国内運営に注力する。

BBCAの取締役社長、Jahja Setiaadmadja氏が海外で支社を開通するのはアクセスしやすく、顧客予定者に認識されるよう、戦略的な所在地を顧慮しなければならないと語った。「新来者として、我々は某投資家以外、海外先の人々に認識されておりません。コストや利子コストや運転費がより高い為、BCAにとって海外に展開するメリットが何でしょうか。」とSetiaadmadja氏は2023年11月9日(木)にジャカルタでIDNFinancialsとのインタビューの間に述べた。

なお、銀行オフィスは運転費を更なる増やせるローカル基準通り最小限の賃金でローカル従業員を雇わなければならない。この運転費は金利を増やせる。「では、何でしょうか?我々はローンを与えたい場合、利子を増やすしかありません。なぜなら、そうでなければ、儲かれません。」とSetiaadmadja氏は述べた。

Setiaadmadja氏によると、もし米国の有名な銀行がインドネシアで設立されたら、ローカル人々に認識されやすいとは限らないそうである。同様な事はマレーシアのクアラルンプールやシンガポールで支社を開通する場合のBCAにとっても有り得ない話ではない。したがって、顧客予定者は必ず認識されたローカル銀行を求める。

インドネシアのジャカルタで運営される外国銀行数は実に徐々に減っている。「1998年の前、外国銀行はジャカルタを知ろし召しました。現在、それは一つ一つ徐々に出ていきます。それは地域銀行になれず、にしても我々も海外に行けません。」とSetiaadmadja氏は付け加えた。

したがって、BCAは儲からず外国に展開するよりローカル従業員を吸収する為、インドネシアに注力する方を選ぶ。Setiaadmadja氏がBCAはクアラルンプールで6送金センターを運営したにも拘らず、2008年と2009年に損失を記録したと語った。「私はチームを呼び出し、我々はそれを一緒に計算しました。損益分岐点を達成する為、16アウトレットを設立しなければなりません。私は6年後、損益分岐点が達成できるが、追加10アウトレットを設立する必要があります。我々は損失を削減し、ビジネスモデルを変更しました。ローカル銀行の両替商人と共に協力します。当社のシステムを幾つかの両替商に入れ、即座に利益分配を預けました。9ヶ月以内に私はそれを利益にしました。」とSetiaadmadja氏は述べた。

Setiaadmadja氏がその経験上でBCAは海外で支社を開通する場合、結果を出すのに6年も必要とすると語った。なお、BCAは海外で支社を開通したインドネシアの銀行間の競争相手をも避ける。「個人的な意見では、それは不可能です。よって、私はインドネシアに注力し続けることにしました。そして、地域銀行になるなんて一度も考えたことがありません。」とSetiaadmadja氏は付け加えた。

2023年第3四半期に、BCAはIDR 36.44 trillionの純利益を記録し、IDR 28.96 trillionの2022年第3四半期に比べ、増加した。そして、利子・シャリーア所得は2023年第3四半期にIDR 55.71 trillionを記録され、IDR 45.95 trillionの2022年第3四半期に比べ、増加した。 (NR/LK/ZH)