ARNA - PT. Arwana Citramulia Tbk

Rp 680

-5 (-0,73%)

【ジャカルタ】PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)は2024年下期に西ジャワ州の6軒目のセラミック製造工場(プラント6)の建設を開始する予定である。この新工場は中国の輸入業者を歓迎し始める上流階級市場の競争を対象とする為、建てられる。

PT Arwana Citramulia Tbk (ARNA)の最高経営責任者、Tandean Rustandy氏がプラント6は西ジャワ州の中心部にあると語った。「我々は運送費用を削減し、排出量を減らす為、中心部の工場を必要とします。それはより近くになり、我々は占領されない地域を求めます。」とTandean氏は2023年11月15日(水)にジャカルタでIDNFinancialsとのインタビューの間に述べた。

その最新所在地は学校や幼稚園で備えられる工業地帯になると予想される。プラント6のセラミック生産はARNAを中国から輸入されたセラミックと張り合わせるよう、ハイエンド向けの市場を対象される。

2022年現在、ARNAのセラミック生産能力は7063万平方メートルに及び、6437万平方メートルの工場の設備容量の利用率の110%に等しい。現在、ARNAはプラント1〜5の15軒の工場を運営する。プラント5Cは2023年下期に運営され、その生産能力は年毎に1540万平方メートルに及ぶと予想される。

2023年9月現在、ARNAの利益はIDR 355.92 billionを記録され、IDR 463.01 billionの2022年9月に比べ、低下した。売上高はIDR 2 trillionの202年9月に比べ、2023年9月にIDR 1.84 trillionに低下した。

2023年9月に、製造業の貢献はIDR 1.78 trillionを、配布セグメントの貢献はIDR 1.76 trillionを、消去はIDR 1.71 trillionを記録された。一方、2022年9月に、製造業の貢献はIDR 1.92 trillionを、配布セグメントの貢献はIDR 1.90 trillionを、消去はIDR 1.82 trillionを記録された。 (NR/LK/ZH)