DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 775

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】2023年5月10日(水)に、5%以上の所有権を持っている投資家の株式売買は追加株式の取引で賑やかであった。その中に3名の投資家は支配株主であった。その1名、PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の支配株主、PT Merdeka Energi NusantaraはMBMAの2300万株を購入し、その所有権は49.59%に伸びた。病院を経営する会社、PT Sarana Meditama Metropolitan Tbk (SAME)の76.42%の所有権を持っているPT Elang Mahkota Teknologi TbkはSAMEの408万株を購入した。PT Pangan Sejahtera InvestamaはPT FKS Food Sejahtera Tbk (AISA)の250万株を取得し、その所有権は57.8%に増加した。

今回、幾つかの他の投資家は株式をも購入した。PT Akulaku Silvrr IndonesiaはPT Bank Neo Commerce Tbk (BBYB)の290万株を購入した。そして、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)はDOIDの279万株を買い戻した。PT Saratoga Investama Sedaya Tbkは鉱業会社、PT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)の275万株を、PT Maybank Sekuritas Indonesiaは物流会社、PT Dosni Roha Indonesia Tbk (ZBRA)のほぼ200万株を購入した。PT Bogamulia Nagadiは製薬会社、PT Tempo Scan Pacific Tbk (TSPC)の123万株を取得した。

一方、今回、マーケットヒントリストに入ったたったの2名の外国投資家があった。CGS-CIMB Securities (Singapore) Pte Ltdは鉱業会社、PT Wilton Makmur Indonesia Tbk (SQMI)の180万株を購入した一方で、GOTO Peopleverse Fundはオンデマンドサービス提供業者、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の2278万株を売却した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する情報をご覧下さい!