TEBE - PT. Dana Brata Luhur Tbk

Rp 715

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】業績に悪影響を与える石炭産業の不振に直面する為、PT Dana Brata Luhur Tbk (TEBE)は港のステータスを石炭特別ターミナルから港ビジネスユニットに改良する計画を準備する。

「それは事業を多様化する為、我々にとって重要です。」とTEBEの取締役社長、Dian Heryadi氏は本日2024年5月8日にTEBEの2024年次公開暴露で述べた。

Dian氏が過去2年間以内に、TEBEは石炭以外肥料や粗パーム油やセメントやコンテナーや乗客を含め、その他商品の運搬を取り扱う港の準備を徐々にしていると語った。

情報上、石炭運搬や港サービスを取り扱うTEBEの子会社はPT Pelabuhan Talenta Bumi (PTB)である。PTBにおけるTEBEの所有権は99.96%株を、総資産はIDR 55.2 billionを記録される。

「よって、来月か再来月に、石炭用特別港としてPT Pelabuhan Talenta Bumiのステータスは公衆港に変わります。」とDian氏は述べた。

公衆ターミナルに改良するそのステータス準備に関して、TEBEは必要とされるインフラを改良し、増やす為、予算を用意したと認める。

用意されたIDR 47.6 billionの2024年の設備投資の中でIDR 38.5 billion又は81%は公衆港として港インフラを完備する為、割当てられる。

「追加する必要がある物は多くないですが、粗パーム油の運搬の為、パイプやポンプを増やす必要がある一方で、セメント運搬は石炭のと同様です。公衆港として乗客用設備は必修です。」とPTBの取締役社長でもあるTEBEの取締役、Hendry Narindra Dewantoro氏は付け加えた。 (NR/ZH)